家族葬という葬式スタイル

これまでは葬式というと通夜と葬儀・告別式・火葬と、2日間にわたって行われるのが一般的でした。
また、家族・親族、会社関係者、知人・友人、ご近所の人々など広く故人と親交があった人たちが参列し、自宅や斎場で賑やかに行われることが一般的でした。

しかし、近年は核家族化が進み、家族・親族間の付き合いは昔に比べて疎遠になっている人が多く、晩年は一人暮らしをしていて周囲と接点がなかった、施設に入っていたので社会と関わっていない時間が長かったという人も珍しくありません。
そんな社会の形の変化により、家族だけでシンプルに故人を偲び、弔う形の家族葬が人気となっています。
従来通り2日間をかけて行われるものもあれば、1日に集約させて葬儀・告別式・火葬のみを行う一日葬、そして葬儀は行わずに火葬のみを行う直葬式など、家族葬の中でもその人その人の生活スタイルに合った形の葬式が選択できるようになっており、これは都市部のみならず、日本全体がそのように変化しています。