密葬とは異なる家族葬

親族や身内といった特に距離感が近い方々のみで葬儀を済ませる形式を家族葬と呼びます。
一昔前までは密葬と呼ばれる事もありましたが、近年では家族葬という言葉で見直されています。
そして、密葬の場合は他に本葬が執り行われるケースが多いのですが、家族葬は本葬を行いません。
そもそも、こうした方式が主流になりつつあるのは、健康寿命が延びたので仕事をリタイアしてから長い年数が経過した後に亡くなってしまう事が増えたためです。
仕事で関わっていた方々と疎遠になったタイミングで亡くなる事から不必要に規模を大きくする必要が無く、小規模で済ませたいという願いが叶えられるようになったのです。
また、高齢者用の施設で命を落としてしまう方も増えているので、訃報を届ける相手が子の他に居ないというケースも珍しくないため、意識したわけではないものの結果的に家族葬になったという事例もあります。
遺族においても最期の時間を穏やかに過ごせるという恩恵が受けられます。