家族だけで行う葬儀

今までの葬儀は、個人の会社関係や友人、知人、地域の人を呼んで広く行うのが一般的でした。しかし、最近ではこういう大規模な葬儀は少なくなっています。
都市部で暮らしている人たちは核家族家庭で、地域の人と深いつながりを持っていないことも多いです。それに加えて菩提寺や宗旨も持たず、お寺とも無縁で生活している人もいます。
こうなると、あえて昔ながらの仏教色を前面に押し出した大規模な葬儀は必要なくなってきます。
そういう人たちに選ばれているのが、家族葬です。故人と本当に親しかった家族や親族だけを呼んで行うので、規模が小さいです。小規模というと寂しいイメージがありますが、知らない人に気を遣ったり、おもてなしをするなどの煩わしさがないので、かえって故人とじっくり最期の時間を過ごせるというメリットがあります。
最近では故人が自ら「家族葬で送ってほしい」と希望するケースも増えてます。家族葬は身近な葬儀になりつつあります。