家族葬の意味とメリットデメリット

家族葬を行う人が増えています。家族や親しい人たちだけで内々に葬儀を行い、そのまま納骨まで済ませることで忙しい時間をさいて何度も集まる手間が無い上、弔問客などの接待が不要なため故人とゆっくりとお別れが出来るというのがその大きな理由です。
家族葬の定義は明確な物はありませんが、一般的には家族や近親者だけで斎場などで簡単な葬儀を行い、そのまま火葬にして納骨するというのが一般的です。特に通夜や告別式といったことは行わないため、一般の人や仕事上の関係者が弔問に訪れることは基本的に有りません。
但し、家族葬にしたからと言って葬儀費用が安くなるということはありません。一般の通夜や告別式の場合には弔問客からの香典などで葬儀費用が相殺できることが有りますが、家族葬の場合には原則として一般の弔問客は受け付けないこと、また祭壇や棺は通常通りの物が使用されることから、費用が相応に掛かる事も有るので注意が必要です。又、故人が対外的に交流が多い場合には家族葬にするとその後の交流に問題が生じる場合があるので注意が必要です。