家族葬に持参する香典について

家族葬は、故人に縁のある人だけで行う新しい形の葬儀です。
習慣や細かいマナーに囚われない反面、故人とゆかりの深い人だけが集まる密度の濃い葬儀とも言えます。
家族葬の場合は事前に香典を辞退する旨の案内が来る事もありますが、それがない場合で葬儀の案内を受けた人は香典を持参する必要があります。
故人と縁ある人のみが参列を許される葬儀ですから、ここに持参する香典は通常の葬儀に比べて少し多めの金額を包むのが良いとされています。
限られた人のみで行うのが家族葬ですから、葬儀の案内がなかった人は参列したい気持ちはあっても遺族の意向や故人の遺志を尊重して、特別な行動には出ないようにするのがベストです。
それでも何かを贈りたい時は、先方の負担にならないよう少ない額の香典を包むのが良いでしょう。
案内がなかったのに参列する事や香典を包む事に気が引ける時は、弔電を送るのも1つの良いマナーとされています。
元来、弔電には通夜や葬儀に駆け付ける事が出来ない時に文書でお悔やみの気持ちを伝える役割がありますので、家族だけで静かに見送りたいという知らせを受けたとしても、特に断りがないなら弔電を送っても失礼には当たらないからです。