現代のお葬式事情

昔は、亡くなった人のために盛大にお葬式を出してきましたが近年では色々な事情例えば価値観の違いや核家族になってきたことや、個人的な事情などからお葬式にかけるお金も変わってきました。

祭壇の大きさで亡くなった人を弔う気持ちを表に出してましたが、近年では祭壇の大きさよりも亡くなった人らしさを尊重する傾向にあります。
さらに、高齢化や少子化や結婚をしない人が増えてきたりとますますお葬式事情が変わってきています。
最近では、残された人が亡くなった人を弔うためというより自分らしく生きて自分らしく死ぬという考え方や、お葬式の出し方も残された人が故人を思って弔う傾向にあります。

どんなお葬式を出すかよりも残された者が大切な人の死に対して亡くなった人が生きてきた人生を尊厳しその人の命を尊重しその人の死を惜しむことが気持ちがとても大切なのです。

そして、いつまでも大切な人が残された人の心に残り弔う気持ちを忘れずに生きていくことが亡くなった人への供養にもなると思います。